日本 地質学 発祥の地

にっぽんちしつがくはっしょうのち

秩父鉄道・上長瀞駅の北東 約400mに, “埼玉県立自然の博物館”がある。 この入口の道路に面して 『日本地質学発祥の地』と刻まれた大きな石碑がある。

この地が「発祥の地」と呼ばれる由来は 下記の碑文に書かれている。
碑の近くにある 自然史博物館が建てた説明板によると, この記念碑に使われた石は, 「『赤鉄石英片岩』と呼ばれる この地域一帯に薄く広く分布する石」で, 「碑は 岩石の自然の割れ目をうまく利用して, 前後は『節理』と呼ばれる平らな割れ目, 左右は『片理』という薄く割れる面からなっている」と, “自然の博物館”ならではの地質学っぽい説明が書かれている。

【リンク】地球の窓「長瀞」 日本地質学発祥の地

[1]日本地質学発祥の地

http://hamadayori.com/hass-col/education/Tisitugaku.htm

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/education/Tisitugaku.htm

碑文

日本地質学発祥の地

「発祥の地」の由来

 明治10年東京大学に地質学科が創立され, 近代地質学が初めて日本に導入されると翌年には, 初代教授ナウマン博士が長瀞を調査している。以来長瀞一帯は, 我が国地質学上重要な研究の拠点となり, 多くの地質学舎を育て, 日本地質学発祥の地と言われるようになった。

地図

地図

長瀞町 自然の博物館 付近 [ストリートビュー]