山陰鉄道 発祥之地

さんいんてつどうはっしょうのち

JR境線 馬場先ばばさき駅から終点 境港さかいみなと駅に向かって約150m、線路と道路を隔てる金網が少し切れていて、小さな碑と教育委員会による説明板が設置されている。碑は線路向きに「山陰鐵道發祥之地」、道路向きに碑文、というレイアウト。天辺にはレールを模したと思われる金属の造形がはめ込まれている。

当地は、山陰鉄道開業時の終点 境駅の場所とのこと。当駅が現在の境港駅の場所に移転して改名、現在に至る。山陰鉄道の開通は、1902年(明治35年)境港〜御来屋 間の約37km。新橋〜横浜開通から30年あまり後のことだった。

境港にお住まいの方、おでかけのかた、写真を撮って送ってくださると、ハンターがたいへん喜びます。

写真


碑文


山陰鐵道發祥之地

昭和三十七年開通六十週年記念日ニ之ヲ■ツ

米子鐵道管理局

原文ママ。ただし「■」部分は判読できず

境港市指定文化財

山陰鐵道さんいんてつどう発祥之地はっしょうのち

平成十四年七月一日指定

山陰地方に初めて鉄道が開通したのは、明治三十五年(一九〇二)十一月一日のことであった。「境駅さかいえき」から「米子駅」を経て「御来屋駅みくりやえき」まで、山陰地方に初めて汽車が走り、新しい鉄道交通の歴史が開かれた。

この歴史を記念して、六十周年にあたる昭和三十七年(一九六二)十一月一日に建立こんりゅうされたのがこの碑である。

この場所は、その当時「境駅」のあったところで、碑は建立した境港市から旧国鉄米子鉄道管理局(現在のJR)へ寄贈きぞうされた。

(付記)
境線さかいせん」の名称は明治四十二年から起こっている。
「境駅」は、大正三年に海岸寄りの現在地へ移動し、大正八年には「境港駅」と改名して現在に至っている。

地図

地図

境港市馬場崎町 付近 [ストリートビュー]