対欧無線発信発祥地

たいおうむせんはっしんはっしょうち

JR・名鉄 刈谷駅から南東に約3km、フローラルガーデンよさみ敷地の南東隅。1989年に開局60周年を記念して電子情報通信学会東海支部が設置し、2039年に開封予定のタイムカプセルも埋められた。

当地は依佐美よさみ送信所跡地。明治維新以降、欧米との通信には欧米の各社が敷設した海底ケーブルを用いなければならず不利を被り自主性に欠けていると考えた政府は、無線による通信を研究するために昭和4年(1929)年に依佐美送信所を開設。大電力かつ超長波による通信の研究が行われ、実用化された。しかし実際には現代をみてわかるように長距離通信には超短波が用いられるようになり、超長波は特別な限られた用途に用いられるようになった。実際には依佐美送信所から潜水艦に「ニイタカヤマノボレ」も発せられたとされる。

太平洋戦争後は占領軍によって平成5年(1993)年まで使用されていた。平成8年(1996)に返還され、翌年には建設当時世界一の15万メーターアンペアで東洋一の高さ250mだったアンテナ塔が解体撤去された。現在は依佐美送信所記念館に設備の一部が保存されている。

平成20年(2008)には、IEEEマイルストーンに認定された。

写真


碑文

對欧無線発信発祥地

地図

地図

高須町山の田 付近 [ストリートビュー]