日本最初 たばこ 種子 渡来之地

にっぽんさいしょたばこしゅしとらいのち

平戸島の 平戸城内。亀岡神社から平戸城に入る途中に 下の写真に示す 褐色の石碑が建っている。

たばこ種子渡来之地

15世紀末にコロンブスがアメリカ大陸を発見した際に, 既に 原住民がたばこを栽培・喫煙していた。 そのたばこが 始めて日本へ伝わったのは, 1549年に フランシスコ・ザビエルが 日本に来航したときと言われる。

たばこの種子が日本に伝えられ 栽培が始まった場所については, ここ平戸の他に 薩摩の指宿・長崎の桜の馬場 など諸説があり 定かではない。 長崎の春徳寺には「烟草初植地」という碑がある。

「日本最初 たばこ種子渡来之地」が平戸城内に建立されたのは 1974(昭和49)年のこと。「1601(慶長6)年に マニラから平戸港に入ったポルトガル船によって タバコの種子がこの地に伝えられ, 徳川家康に献上された」という記録を元にしている。

【リンク】平戸城

写真

  • たばこ種子渡来之地

碑文

日本最初
たばこ種子渡来之地

地図

地図

平戸市岩の上町 平戸城 付近