旭学校 発祥の地

あさひがっこうはっしょうのち

JR相模線・倉見駅から南東に1km。寒川町立旭小学校の200mほど南に、“北部文化福祉会館”がある。会館の玄関前に「旭学校発祥の地」と刻まれた厚みのある平板状の石碑が設置されている。

旭学校発祥の地

寒川町は明治初期には、一之宮村・中瀬村・岡田村・小谷村・大蔵村・小動村・宮山村・倉見村・田端村という11の村に分かれていたが、1889(明治22)年にこれらの村が合併して「寒川村」が発足。1940(昭和15)年に「寒川町」となった。

1873(明治6)年当時はまだ11の村だった寒川地区に5つの学校が開校した。

地区の北部には、宮山村の“咸章学舎”、倉見村の“徳彊学舎”が作られたが、1877(明治10)年に両校が合併し「旭学校」としてこの地に設立された。

1961(昭和36)年に「寒川町立旭小学校」と改称し、現在地(ここから200m北)に開校。その後旧旭学校の跡地には「北部文化福祉会館」が建設された。


  (参考:「寒川町南部教育発祥の地」)

写真

  • 旭学校発祥の地
  • 旭学校発祥の地
  • 北部文化福祉会館
  • 旭小学校
  • 倉見駅
  • 寒川駅

碑文

旭学校発祥の地

明治十年(1877年)
宮山にあった咸章かんしょう学舎 中倉見にあった徳彊とくきょう学舎を 両村の合議により合併し この地宮山村字朝日に 旭学校として創立
 現在の旭小学校の前身 であり北部教育発祥の地である

  北部文化福祉会館竣工に当り
      昭和五十七年一月建立

【リンク】旭小学校

地図

地図

神奈川県高座郡寒川町宮山 北部文化福祉会館 付近 [ストリートビュー]