明治憲法草案 起草の跡

めいじけんぽうあんきそうのあと

金沢八景の東屋旅館で憲法草案を起草していたが、ある晩旅館に盗賊が入り、書類の入った行李を盗まれた。安全のために会議の場所を夏島にある伊藤の別荘に移し、草案が完成されたと言われる。当時夏島は孤島状態にあり、機密の確保に好都合だった。このためここで起草された草案は「夏島憲法」とも呼ばれる。

詳細 → 憲法草創之處

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/culture/MeijiKenpo.htm

碑文

明治憲法草案起草の跡

金森徳次郎書

SITE OF ORIGINAL DRAFTING OF THE MEIJI CONSTITUTION
IN THE YEAR  MEIJI 20 ― AD.1887

明治憲法起草遺跡記念碑

 この記念碑は、現在地から南方200メートルの場所に、大正15年11月に建立された
ものである。

 当時、明治憲法草案起草の関係者であり記念碑の建立発起人の一人であった金子堅太郎の言によれば、その場所は、伊藤博文の別荘の草庵起草の室にあてられた12畳半の部屋であったという。

 記念碑は、太平洋戦争後荒廃していたが、当時この地で創業していた富士自動車株式会社の手によって、一部原形を変えて改修され昭和26年2月再度除幕された。

 このたび、元の位置を含む一帯が、日産自動車株式会社に帰属することとなったので同社と協議のうえ現在地に移設させ、明治憲法草案起草の遺跡を示す唯一の記念碑として永く後世に伝えようとするものである。

 ちなみに、この碑の外面は、76個の石からなるが、これは明治憲法の76箇条を意味し、基石の縦横各22尺2寸1分1厘の長さは、憲法発布の明治22年2月11日を示したものである。

昭和50年4月26日

横須賀市

金澤之爲地負山瀕海波光與嵐影相
映自古稱武相第一之名區伊藤春畝
公愛其勝構別墅於夏島将就此而審
議憲法典範之草案屋宇無輪奐之美
柱楹不加雕飾一棟六房纔凌風雨耳
明治二十年三月起工六月落之也公
乃徃焉陪従者三人予與金子堅太郎
寓東家井上毅別居公日夾臨東家從
事調査予專管機秘草案一夕有偸兒
入予室奪行李而去翌朝覺之百方捜
索偸兒唯取銭而棄行李干圃中草案
則幸無恙矣公乃命二人移居夏島島
孤懸干海心非僦舟不可渡居此者宛
如謫客距島数百武有烏帽子巖巖以
形名焉時際盛夏晨夕討論之暇徃徃
游泳至巌下其快洵不可名状也顧夏
島既爲憲法發祥之處而物換星移今
則為海軍飛行場併烏帽子巖無復△
影滄桑之燮足喫一驚也於是刻文而
誌遺跡以告後人云

大正十五年十月
正二位勲一等伯爵伊東巳代治撰并書

△=「厂」または「戶」+「示」?

発起人
内山岩太郎
山本惣治
メーヨー エス シルビー
ジェームス エイチ ドローン
  昭和26年2月11日 再建

PROMOTORS
IWATARO UCHIYAMA
SOUJI YAMAMOTO
MAYO S. SILVEY
JAMES H. DRAUGHON
 REBUILT ON 11TH FEBRUARY 1951

協賛
  神奈川県
  横浜市
  横浜商工会議所
  横須賀市
  横須賀商工会議所
  富士自動車株式会社

地図

地図

横須賀市夏島町 付近