新田小学校 発祥の地

しんでんしょうがっこうはっしょうのち

隅田川と荒川が分れるのが“岩淵水門“。ここから 隅田川はしばらく蛇行しながら 荒川に沿って南東に向かう。

荒川と隅田川に挟まれた (橋がなければ)陸の孤島のようになった地域が二ヶ所にあるが, その一つがここ 足立区新田。かつて この一帯は“野新田やしんでん”と呼ばれた。

地下鉄南北線 王子神谷駅から北東に約1km、環七通りで 北区側から 新神谷橋を渡り, すぐに橋の左下に下りると “妙喜庵”という寺がある。入口に 黒御影石の碑が建っている。 1927(明治16)年 ここ妙喜庵に 鹿浜小学校の分校が開設された。 鹿浜とは荒川の対岸で 同じ足立区の地名で, 当時はまだ 荒川はなく 地続きだった。 (荒川放水路〔=現在の荒川〕が完成したのは 昭和5年のこと。)

1948(昭和23)年に 独立して「新田小学校」となった。

この発祥の地碑は 「新田小学校」の開校30周年を記念して 1978(昭和53)年に建てられた。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/school/sindensho.htm

地図

地図

新田1丁目 付近