新川小学校 発祥の地(南)

しんかわしょうがっこうはっしょうのち

東武 野田線アーバンパークライン 初石駅の西1.5km。“南十字路”交差点の北200mにある 不動堂の前にあって, 「新川小学校発祥之地・南小学校跡地」と書かれている。江戸川八十八ヵ所第三十六番霊場。

「新川小学校発祥之地」碑は2つあり、もう一つは, 東武野田線の運河駅の南西 800mの 浄観寺境内にある

いずれも ほぼ同じ大きさ, 同じ形式で, 裏面に刻まれた「昭和五十八年十一月吉日建之・ 新川小学校創立百十周年記念事業実行委員会」という文字も全く同じである。

新川小学校のホームページに書かれた学校の沿革によると, 1873(明治6)年に 西深井村不動堂に「深井小学校」が創立され (同年中に 浄観寺に移転), 同年 南村西善院に「南小学校」を創立。1889(明治22)年に 両校が合併して「新川尋常小学校」となった。つまり 新川小学校は 2つの小学校が合併してできた小学校なので, 発祥の地も2ヶ所にある ということのようである。

新川小学校の現在地は, 両発祥碑のほぼ中間の地点(流山市中野久木)にある。

写真

  • 新川小学校発祥の地 不動堂
  • 新川小学校発祥の地 南小学校跡地
  • 新川小学校発祥の地 南小学校跡地 背面
  • 新川小学校発祥の地 南小学校跡地
  • 新川小学校発祥の地 南小学校跡地 背面
  • 江戸川八十八ヵ所第三十六番霊場
  • 新川小学校発祥の地 南小学校跡地
  • 初石駅

碑文

新川小学校発祥の地

南小学校跡地

明治六年四月開校

昭和五十八年十一月吉日建之
新川小学校創立百十周年記念事業実行委員会

リンク

新川小学校

地図

地図

流山市南 付近 [ストリートビュー]