砂川の 教育 ここに 始まる

すながわのきょういくここにはじまる

西武・拝島線の武蔵砂川駅から南に300m下って五日市街道に出てさらに東におよそ500m進むと、街道の南側に流泉寺がある。この寺の門前の駐車場を兼ねた前庭に『砂川の教育ここに始まる』と刻まれた自然石の石碑が建っている。裏面に彫られた碑文によると、ここは旧 砂川村の教育発祥の地であったという。

a672砂川の教育ここに始まる公立西砂川学校は現在の立川市立第九小学校となり、この場所から200mほど西にある。

【リンク】立川市立第九小学校

写真

  • 634砂川の教育ここに始まる
  • 636砂川の教育ここに始まる
  • a635砂川の教育ここに始まる
  • a672砂川の教育ここに始まる
  • e633流泉寺
  • e646流泉寺
  • e647流泉寺
  • e656流泉寺
  • e667流泉寺

碑文

砂川の教育ここに始まる

 明治5年学制が発布された 当時神奈川県武蔵国北多摩郡砂川村
であった当地においても 早早に公立学校設立の気運がおこり
ここ天龍山流泉寺境内に公立西砂川学校が創立された
 明治33年 現在の立川市立第九小学校の地に移るまで この地
において 砂川村西部の小学校教育がおこなわれた
 以後百有余年 立川市立第九小学校 創立百年祭にあたり
教育発祥の地として この碑を建てるものである

     昭和54年11月27日

立川市立第九小学校百周年記念実行委員会委員長
       砂川昌平書
題字 龍沢寺第十五世 大義書

地図

地図

東京都立川市砂川町2丁目 流泉寺 付近 [ストリートビュー]