別保小学校 発祥之地

べっぽしょうがっこうはっしょうのち

別保小学校は明治時代に「皆春小学校」と「森町小学校」が合併して開校した。

「皆春小学校」も「森町小学校」も共に明治8年(1875)に開校した。明治25年(1892)に 森・森町・皆春の3地区が合併して“別保村”となった際に両小学校も合併して「別保小学校」となり,現在の別保小学校の位置 (大分市森町、この地より700m南)に新校舎を建てて移転した。

この地は皆春小学校があった場所。発祥碑は 1975(昭和50)年に 開校100周年を記念して建立された。

日豊本線 鶴崎駅から 南に1km。鶴崎中学校の南西,“皆春バイパス”交差点の100m東の道路脇に 「別保小学校発祥之地」と書かれた やや古びた石碑が建っている。

写真

  • 別保小学校発祥之地
  • 別保小学校発祥之地 碑陰

碑文

別保小学校発祥之地

皆春小学校跡
昭和五十年十一月 百周年記念建之

別保小学校発祥之地碑

地図

地図

大分市大字皆春 付近 [ストリートビュー]