畜産 技術 研究 発祥之地

ちくさんぎじゅつけんきゅうはっしょうのち

準備中
調査:
2006年12月 (写真提供 T.K.さん)

京成電鉄・千葉寺駅の北東1kmのところに広大な「青葉の森公園」がある。
公園北口にある駐車場そばの周回道路脇(中央博物館の近く)に 「畜産技術研究発祥之地」の碑が建っている。
この碑は 自然石2個がセットになっており, 左が「畜産技術研究発祥之地」と記した碑, 右側が由来を説明した副碑になっている。 1917(大正6)年, 農商務省・畜産試験場が この地に開設され,戦前・戦後にわたり 日本の畜産技術研究の中心であった。
1980(昭和55)年 筑波学園都市に移転。2001(平成13)年 組織改変により, 草地試験場と統合して 「畜産・草地研究所」となり, 現在は「農業・食品産業技術総合研究機構 畜産・草地研究所」となっている。

【リンク】農業・食品産業技術総合研究機構 畜産・草地研究所

畜産技術研究発祥之地碑

http://hamadayori.com/hass-col/education/TikusanGijutu.htm

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/education/TikusanGijutu.htm

碑文

畜産技術研究発祥之地
    昭和六十一年四月
      元畜産試験場長
           鈴木俊二■■■

  大正五年四月六日 農商務省畜産試験場が
  本省に創設され 翌年六月一日 この地
  千葉県千葉郡都村に於て 我が国の畜産技術
  研究は発祥した
  爾来七十年「千葉」は我が国の畜産試験
  研究機関の中心として常に畜産研究を先導し
  多くの輝かしい業績により畜産の発展に
  寄与してきた
  昭和五十五年一月一日 国立試験研究機関の
  筑波研究学園都市への移転に伴いこの地での
  研究を終えた
   「千葉」の畜産研究の栄光の不滅を念じ
  有志相集い ここに 記念の碑を刻む
     昭和六十一年四月吉日
        農林水産省畜産試験場
        創立七十周年記念事業協賛会

地図

地図

千葉市中央区青葉町 青葉の森公園 付近