最初の イギリス 公使宿館跡

さいしょのいぎりすこうししゅくかんあと

安政5年(1858年)に日英通商条約締結、安政6年(1859年)に日本初のイギリス公使館が置かれ、初代公使ラザフォード・オールコックが駐在した。イギリス公使に限らず、江戸に構えた外交官は攘夷派志士の標的となり、東禅寺も水戸藩士らに襲撃され、玄関の柱には当時の弾痕や刀傷が残っている(東禅寺事件)。この事件で、イギリス公使殺害は失敗している。

写真

  • 最初のイギリス公使宿館跡(東禅寺)
  • 最初のイギリス公使宿館跡 背面
  • 東禅寺山門
  • 公園附近沿革案内(高輪公園)

碑文

都史跡 最初のイギリス公使宿館跡

昭和二十八年十一月三日指定
昭和四十四年十月一日建設

東京都教育委員会

地図

地図

港区高輪 付近 [ストリートビュー]