慶応義塾 発祥の地

けいおうぎじゅくはっしょうのち

築地の明石町。聖路加病院・聖路加看護大学・中央保健所とに囲まれる場所、"病院前"交差点に、ロータリー(三角形の安全地帯)がある。ここに「日本近代文化事始の地」という説明板があって、『慶応義塾発祥の地』『蘭学の泉はここに』という二つの石碑が建っている。

慶応義塾発祥の地

福沢諭吉は、中津藩の命により江戸築地(鉄砲洲)に蘭学塾を開いたが、外遊によって西洋文明を摂取して蘭学より英学の振興が必要と考え、1868年(慶応4)「慶応義塾」と称する私塾を開設。1871年(明治4)に芝三田に移転。1890年(明治23)には大学として正式に認可され、日本最初の私立大学となった。

同じ場所に建っている「蘭学の泉はここに」碑は、前野良沢・杉田玄白・中川淳庵の三人がこの築地近く(鉄砲洲)にある中津藩邸で、オランダ語の解剖書『ターヘル・アナトミア』の翻訳を行ったことを記念するもの。

写真

  • 日本近代文化事始の地 慶応義塾発祥の地
  • 慶応義塾発祥の地
  • 慶応義塾発祥の地
  • 慶応義塾発祥の地
  • 蘭学の泉はここに

碑文

慶応義塾発祥の地

(正面の碑文)
安政5年 福沢諭吉 この地に学塾を開く。
創立百年を記念して 昭和33年 慶応義塾これを建つ。

(側面の碑文)
慶応義塾の起源は 1858年 福沢諭吉が 中津藩奥平家の中屋敷に開いた
蘭学の家塾に由来する。その場所は これより北東 聖路加国際病院の構内に当る。
この地はまた 1771年 中津藩の医師 前野良沢などが オランダ解剖書を初めて読んだ 由緒あるところで, 日本近代文化発祥の地として記念すべき場所である。

1958年4月23日除幕

地図

地図

中央区明石町 付近 [ストリートビュー]