船員教育 発祥之地

せんいんきょういくはっしょうのち

隅田川に架かる永代橋の西詰南側、マンション前の歩道の植込みに、写真に示す石碑が建つ。

船員教育発祥の地

黒船の来航によって開国を余儀なくされた江戸幕府は、海軍講習所・軍艦操練所などを設置して日本人による軍艦の運航ができる体制を整えようとした。明治になると、わが国の商業海運界も国際的にみて立ち後れが目立ち、船員教育の制度が必要とされた。

1875(明治8)年、岩崎弥太郎は大久保利通・内務卿の命により「三菱商船学校」を設立。これがのちの東京商船大学(2003に東京水産大学と合併して「東京海洋大学」)となった。

【リンク】東京海洋大学

写真

  • 船員教育発祥の地
  • 船員教育発祥の地
  • 船員教育発祥の地
  • 船員教育発祥の地
  • 船員教育発祥の地
  • 船員教育発祥の地
  • 船員教育発祥の地

碑文

船員教育発祥の地

内務郷大久保利通は、明治政府の自立的な海運改革を進めるにあたり、船員教育の急務を提唱し、三菱会社長岩崎弥太郎に命じて、明治8年11月この地に商船学校を開設させた。当初の教育は、その頃隅田川口であり、海上交通の要衝でもあった永代橋下流水域に、成妙丸を係留して校舎とし全員を船内に起居させて行われたが、これが近代的船員教育の嚆矢となった。

爾来百年、ここに端を発した船員教育の成果は、我が国近代化の礎となった海運の発展に大きく貢献してきたが、その歴史的使命は幾変遷をへた今日、江東区越中島にある現東京商船大学に継承せられている。

昭和51年11月
東京都中央区教育委員会
 (題字 東京商船大学長 小山正一書)

地図

地図

中央区新川1丁目 付近 [ストリートビュー]