商船教育 発祥之地

しょうせんきょういくはっしょうのち

JR京葉線の越中島駅南側に東京海洋大学の越中島キャンパスがある。
正門を入って右手の先端技術センターの前に,船の錨のモニュメントがあり,その碑文に「商船教育発祥之地」という文言が書かれている。また近くに“錨の塔”の説明板がある。

明治新政府は立ち遅れたわが国の海運事情を急速に改善すべく,海運会社の育成と船の運行に必要な人材の育成を急いだ。
当時の三菱会社に商船学校の設立を命じ,1875(明治8)年に「三菱商船学校」が設立された。学校は永代橋近くの霊岸島に繋留された帆船(成妙丸)を校舎兼練習船としたもので,生徒全員を船内に起居させて船員教育を実施したという。

これを皮切りに,函館・鳥羽をはじめ各地に商船学校が設立されて,船員の教育が行われた。
三菱商船学校は後に官立に移管され「東京商船学校」となり,戦後は 東京・神戸・清水の高等商船学校3校を統合して国立大学となった。2003(平成15)年には 東京水産大学と統合し現在の「東京海洋大学」となった。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/education/ShosenKyoiku.html

碑文

 海上の平安と航権の伸張を祈念してわが国商船教育発祥の地――北緯三五度三九分・東経一三九度四七,六分――にこの塔を建つ。
 錨の主幹は天の北極を指し,ストックは天の赤道を指して,万里の波濤を超え,更に宇宙の真理に立向う若人の心意気をあらわす。
     昭和四十年 創立九十周年の日
        東京商船大学八十五周年記念会

(裏面)
碑文にある「商船教育発祥の地」の言葉については厳密に言えば霊岸島であり,この地は継承の地と言うべきである。
百周年記念事業としては永代橋袂に「船員教育発祥の地」の記念碑を建立した。
    昭和五十年十一月
      東京商船大学百周年記念事業委員会


正しくは発祥地ではなく承継地であると宣言しているものの、当サイトでは発祥の地を求めているのではなく「発祥地の碑」を収集していますので、発祥地こだわっていません。

地図

地図

江東区越中島 東京海洋大学 付近 [ストリートビュー]