狛江 教育 発祥之地

こまえきょういくはっしょうのち

小田急電鉄 狛江こまえ駅北口広場の西側に、交番と並んで二つの石碑が建っている。一つは「狛江教育発祥之地」と刻まれ、もう一つは発祥の地碑の副碑ともいうべきもので「小学校のおもいで」と書かれている。

狛江教育発祥之地

ここは1987(昭和62)年まで狛江第一小学校があった場所で、旧 狛江村の教育発祥の地とされている。その背景・歴史は副碑の碑文に詳しく書かれている。

これとは別に、駅前ロータリーの中の植込みの中には「狛江第一小学校跡地」という記念碑が建っている。現在の狛江第一小学校はこの地から約500メートル北(和泉本町1丁目)にある。

写真

  • 狛江教育発祥之地
  • 狛江教育発祥之地
  • 狛江教育発祥之地
  • 狛江第一小学校跡地
  • 狛江駅

碑文

狛江教育発祥之地

  観聚学舎は
  理想を求めて
  切磋琢磨し
  人としての礎を
  培う場なり
  是, 先人の
  尊き志なれば
  連綿として
  後世に
  継承するものなり

  小学校のおもいで

 かつて、この地に小学校があった。

 私たちの小学校は、明治5年の学制発布により、泉龍寺の衆寮堂を仮校舎に観聚学舎として創立された。その後、和泉学校と改称、明治14年にこの地を校地とした。

 明治22年、和泉、緒方、駒井、岩戸、覚東、小足立の六ヶ村が合併して狛江村が誕生し、狛江村立尋常狛江小学校となった。30年には高等科ができ、狛江尋常高等小学校となり、村の発展とともに敷地を広げ、桜の木が植えられた。

 昭和16年、小学校は狛江国民学校となる。20年5月25日夜半の空襲により校舎は全焼し、桜の大木7本も焼失した。  戦後の昭和22年、新しい学制が施行され、狛江小学校となり、昭和25年狛江第二小学校の開校に伴い、狛江第一小学校と校名を改めた。

 昭和62年、狛江駅北口再開発事業のため、この地にあった小学校は現在地に移転した。

 観聚学舎から130年、ここで学んだ多くの子どもたちの胸に、いろいろな思い出をきざんだのである。

 そのことをいつまでも大切に残しておこうとの思いから、この小学校を卒業した人たちが相談して、思い出の中にある桜の木を植え、記念碑を建てた。

平成16年6月吉日
狛江小学校のおもいでを残す会

【リンク】狛江第一小学校泉龍寺

地図

地図

東京都狛江市元和泉1丁目 狛江駅 付近 [ストリートビュー]