陸軍 航空隊 第百十四 教育飛行連隊 発祥之地

りくぐんこうくうたいだいひゃくじゅうよんきょういくひこうれんたいはっしょうのち

情報求
調査:
どなたか見てきてください!

山陽電鉄 浜の宮駅の南。陸軍航空通信学校尾上教育隊があった浜の宮公園(加古川市尾上町口里)の一角に石碑が建つ。教育隊跡碑と並ぶ。

浜の宮公園には教育隊の建築遺構がわりと雑に遺されている。

写真


碑文

陸軍航空隊第百十四教育飛行連隊發祥之地

昭和十八年八月三十一日 戦闘第百一教育飛行連隊を基幹として編成
昭和十八年九月十九日 北支何苑に到着
同地に於て 戦闘機基本戦技操縦教育を実地
昭和十九年三月七日第十四教育隊と改称 部隊長 陸軍中佐 浦川八郎
昭和二十年六月三日 特攻第百十一振武隊を沖縄西方海上に出撃散華せり

平成七年五月吉日

隼〇一会会長 友成久德

ほか多数寄進者芳名は省略

地図

地図

加古川市尾上町口里 付近 [ストリートビュー]