陸軍 爆撃隊 発祥之地

りくぐんばくげきたいはっしょうのち

情報求
調査:
どなたか見てきてください!
2005年5月(写真 K.Y.さん)

東海道線 浜松駅から北西におよそ5km。航空自衛隊浜松基地 南地区(浜松市西区西山町)の元 資料館近くに 「陸軍爆撃隊発祥の地」の碑がある。 大正14年(1925)に陸軍飛行第7連隊は立川で編成されたが、翌年、三方原に 日本初の爆撃機の部隊として移駐。

第7連隊の門柱に石版を埋め込んで作られた。

航空自衛隊浜松基地内とのことだが、広大な敷地のどの辺りなのかは不詳。

写真

  • 陸軍爆撃隊発祥之地

碑文

陸軍爆撃隊発祥之地

菅原道大書

此の碑石は, かつて陸軍爆撃隊の母体であった飛行第七連隊正門の門柱である。 唯一の象徴的遺物として礎石と共に此処に移し, 戦没者及び殉職者の影を偲んで敬虔の誠を捧げ 陸軍爆撃隊関係者の心のふるさととして永遠の記念碑とする

地図

地図

浜松市西区 付近