大日本 スキー 発祥之地

だいにっぽんすきーはっしょうのち

JR信越本線の高田駅から南西に2Km。金谷山スキー場の頂上付近に“スキー発祥記念館”がある。記念館の横の道を上っていくと、少し開けた場所に展望台が、更に上ったところにオベリスク風の記念碑があり「大日本スキー発祥之地」と書かれている。

大日本スキー発祥記念碑

日本におけるスキーの歴史は1911(明治44)年に遡る。

日露戦争で日本がロシア帝国に勝利したことは世界中から驚嘆の眼をもってみられ、新興の小国日本の軍隊がいかにして強くなったかに関心が寄せられ、ヨーロッパ諸国の軍人が日本の視察に訪れた。オーストリア(当時はオーストリア・ハンガリー帝国)も日本陸軍の研究のため、交換将校としてレルヒ少佐を1910(明治43)年に日本に派遣、日本陸軍の研究を行った。

日本陸軍では、1902(明治35)年に八甲田山の雪中行軍で大きな事故をおこしたばかりだったこともあり、ヨーロッパで普及していたスキーの技術に注目し、レルヒにスキーの教授を要請、新潟県高田(現・上越市)の金谷山などで指導を受けた。ちなみにレルヒが教えたスキーは、ストックを1本だけ使うスキー術であった。

なお、レルヒは翌1912年北海道に渡って旭川でスキーの指導を行い、その年に帰国した。旭川ではこれを記念して、春光台公園に「北海道スキー発祥之地」碑を建立している。

この発祥碑はスキー発祥20周年を記念して建立された。2011年はちょうどスキー発祥100周年にあたるため、上越市では記念行事を開催している。

写真

  • 大日本スキー発祥記念碑 案内板
  • 大日本スキー発祥記念碑の手前
  • 大日本スキー発祥記念碑
  • 大日本スキー発祥記念碑
  • 大日本スキー発祥記念碑 碑文

碑文

大日本スキー發祥之地

        川合直次題字

  明治四十四年墺洪国参謀少
  佐テオドル,エドレル,フォン
  レルヒ氏軍事研究のため歩
  兵第五十八聯隊附として高
  田に在し餘暇を以てスキー
  術を同隊将校並に有志に授
  く是を我邦スキーの權與と
  なす實に今に二十年なり茲
  に相謀り記念の碑を建て以
  て事蹟を不朽に傳ふ
    正五位勲三等鶴見宣信撰
          南雲清秉書

地図

地図

上越市大字大貫 スキー発祥記念館 付近