誠愛剣法 発祥地

せいあいけんぽうはっしょうち

西区浅間台せんげんだいの 小高い山の上に、浅間神社()が建っている。この神社の境内の拝殿に向かい合う位置に碑がある。

「己に勝つ事の出来る子供を育てる」という目的で, 1970年(昭和45年)に宍戸三郎氏が横浜市西区で「誠愛剣友会」を設立した。これを記念して 「誠愛剣法発祥地」碑が建てられた。

  • 「誠」:誠実であれ,
  • 「愛」:人を愛し敬う

を指導方針として30年以上活動している。

浅間神社は, 富士山信仰(浅間信仰)と結びついて 全国各地に建てられているが, ここ横浜市西区の浅間神社は, 平安時代中期の1080年の創祀というから, 非常に古い。紫式部が源氏物語を書いて間もなくの時期である。

写真

  • 誠愛剣法発祥地
  • 誠愛剣法発祥地 背面

碑文

誠愛剣法発祥地

昭和45年8月建之
 初代 宍戸三郎 剣峰

地図

地図

西区浅間台 付近