神奈川大学 発祥の地

かながわだいがくはっしょうのち

久保山墓地の東側にある“境之谷公園”にこの碑が建っている。

神奈川大学は、昭和3年(1928)に米田吉盛氏がこの地に「横浜学院」を開設したのが発祥である。その後「横浜専門学校」となり、昭和5年(1930)には現在のキャンパス(神奈川区六角橋)に移転。当地に存在したのはわずか1年半足らずのことであった。

昭和24年(1949)に「神奈川大学」となった。

【リンク】神奈川大学

写真

  • 神奈川大学発祥の地
  • 神奈川大学発祥の地
  • 神奈川大学発祥の地 碑陰
  • 神奈川大学発祥の地 背面

碑文

神奈川大学発祥の地

由来文

神奈川大学は 米田吉盛が昭和四年 この地を卜 して 創立した横浜専門学校にはじまる
爾来 本学は質実剛健 積極進取を建学の精神と 定め 世界の懸橋となる青年の育成を目指している
 ここに記念像を建立し 神奈川大学発祥の地を 後世に伝えんとするものである

昭和59年11月27日

建立  神奈川大学
彫刻 井上信道  書 星愛泉

地図

地図

横浜市西区境之谷 付近 [ストリートビュー]