煎餅 発祥の地

せんべいはっしょうのち

京福電鉄 嵐山駅から, 渡月橋とは反対の北に250mほど進むと, 和菓子店“老松”の 嵐山店がある。店の前に 立札があり「煎餅発祥の地」と書かれている。

日本における煎餅の歴史は古く, 9世紀に唐に渡った空海が真言密教を学んで帰国後, 亀の子型の煎餅の製法を山城国の住人 和三郎に伝えて作らせたことに始まると言われる。葛根と米粉に糖蜜などをまぜて練り, これを焼いたものが「亀の子煎餅」として 全国に広まった。

その後 煎餅は, 小麦粉を主原料とした“瓦せんべい”の系統と, もち米やうるち米を 原料とした“塩せんべい”の系統に分れて発展した。

この立札はいつ建てたものか不明だが, かなり古いもののようで, 写真に見るように 文字が風化して読めなくなった部分が多い。無理やり読みとったため, 下記の碑文は不完全で, 読み間違えた部分もあるかもしれないので、関係者の皆様は誤りがありましたらご指摘ください。

写真

  • 煎餅発祥の地
  • 老松 嵐山店

碑文

嵯峨小倉の里
煎餅発祥の地

 往古このあたりは「野は嵯峨野さらなり」と枕草子の第一にも上げられ、天皇、貴族は、ここで遊猟し若菜を摘んで遊楽をした。
 山城国葛野郡嵯峨小倉の里の住人、和三郎なるもの帰朝した弘法大師空海より煎餅の製法を伝受され、これにより葛根、米の粉に果実の糖液を混合してこれを焼成亀甲煎餅として嵯峨天皇に献上した。天皇は殊のほか賞味され以後、和三郎は亀屋和泉藤原政重と号し嵯峨御所菓子御用となった。
 和三郎は このほかにもいろいろの菓子を考案、製造、諸国に広めた。大同六年(八〇六年)の事と伝えられた。

地図

地図

京都市右京区嵯峨天龍寺 付近 [ストリートビュー]