下地小学校 発祥之地

しもじしょうがっこうはっしょうのち

宮古島の与那覇湾の南。与那覇公民館の南東150mほど。県道191号(与那覇上地線)の脇に,「下地小学校発祥之地」と書かれた白っぽい石碑が建っている。

下地小学校は 1885(明治18)年、標識の建っているこの地に設立された。沿革についての資料が得られないため詳しい事情はわからないが,1895(明治28)年に 来間島に「下地尋常小学校」の分教場(現在の「来間小中学校」)ができたこと,1909(明治42)年には現在の下地小学校所在地である洲鎌すがまに下地小学校の校舎ができたことが記録に見られる。

現在の児童数は約230名。

宮古島市には小学校が20校ある。市の人口(52,000人)に比べるとずいぶん数が多いように感じられるが,1/3が児童数50名以下(全学年合計)の小規模校である(中には僅か6名の学校もある)。人口密度が低く交通が不便な地域があること,5つの離島があることなどが理由であろう。

向きが変わっていました 2016.02

調査時から向きを変え、同じ場所に建っているようです。

【リンク】下地小学校

写真

  • 下地小学校発祥之地
  • 下地小学校発祥之地

碑文

下地小学校発祥之地

   明治18年11月13日
   下地小学校創立される

創立95周年記念建立

昭和56年11月
下地町教育委員会

地図

地図

宮古島市下地与那覇 付近 [ストリートビュー]