養命酒 発祥の地

ようめいしゅはっしょうのち

ある大雪の晩、塩沢宋閑翁が雪中に倒れていた旅老人を救い、3年間塩沢家で過ごさせたそうです。3年間! その返礼として霊酒の製法を授けられ、薬草を探し回り醸造をしたのがはじまり。

1602年(慶長7年)に養命酒の名で製造が開始された。翌年には徳川家康に献上され飛龍の印を使うことが許され、商標の始まりとも言われる。

小ぎれいな建屋が複数建ち並んでいたようだが、2014年までには1つを除き撤去され空地となっている。撤去された建物は、駒ヶ根工場(駒ヶ根市赤穂16410)に移築されたと聞く。

空地のいちばん向こう側に石碑が横たわるのが公道からもよく見える。

写真


碑文

養命酒発祥の地

養命酒の創始者
塩澤宗閑翁は
世の人々の
健康長壽を願い
手飼いの牛に跨って
深山幽谷を跋渉し
薬草を採取して
養命酒を造った
と言い傳わる

養命酒製造株式会社

地図

地図

上伊那郡中川村大草 付近 [ストリートビュー]