北海道 農民組合 運動 発祥地

ほっかいどうのうみんくいあいうんどうはっしょうち

JR函館本線 旭川駅の東 3km。旭山動物園の東側の道路を南東に進み 旭川第四小学校の先の 交差点脇に 大きな黒御影石碑が建っている。

大正前期, 第一次大戦後の不況の中で 農村では小作料の減額をめぐる“小作争議”が頻発し, 1922(大正11)年 賀川豊彦らの指導によって 日本農民組合が結成され 組織を拡大していった。

昭和になると 左翼運動に対する弾圧が強まり, さらに戦時中には 農民運動も禁止され 組織は解散したが, 太平洋戦争後 一挙に復活し 農民が結集した。1947(昭和22)年 農地改革の実施により, 全国の70%に相当する農地が 小作人のものになり, 小作制度は消滅した。これにより 農民組合は目標を失い衰退したが, 現在は「全日農」(全日本農民組合連合会)に引き継がれている。

リンク

全日本農民組合連合会

写真

  • 北海道農民組合運動発祥地
  • 顕彰碑
  • 北海道農民組合運動発祥地 背面
  • 北海道農民組合運動発祥地 碑文

碑文

北海道農民組合運動発祥地

岩淵 享 書

 本道における自主的な農民組合運動の鍬は ここ上川郡東旭川村米飯の処女地には じめてうちおろされた
 1925(大正14)年9月5日 日本農民組合関東同盟米飯支部の旗であった
 ながい封建的な地主制度のびしい搾取 をうちやぶる北海道農民の自覚的なたたか いが 天皇制政府 地主の圧迫に抗して組織として確立されたのである それは上川 郡神楽村農民の1911年から数年にわたる小作地又貸反対 御料地払い下げの闘争 にひきぐつ本道農民組合運動の輝かしいあけのぼであった
 米飯支部の創設に力をつくした人びとをはじめ 運動初期に参加した多くの人たち も今はない 苦難にたおれた先覚をしのび 歴史の原点を永く記念し 碑をここに建設する

1973年 9月 5日

建立  農民組合創立50周年記念祭
北海道実行委員会
碑文  五十嵐 久弥
書  倉田 康司

 全日本農民組合北海道連合会は  第26回定期大会の決定にも とづき,同連合会役員 書記局員 で実行委員会を構成 創立五十周 年記念事業の一環として此の碑を 建立する

実行委員会名簿は省略した

地図

地図

旭川市東旭川町豊田 付近 [ストリートビュー]