ジェットエンジン発祥の地

じぇっとえんじんはっしょうのち

山陽本線 西明石駅から南東に500m。川崎重工業㈱明石工場(明石市川崎町1-1)の構内。川崎重工の通用門 西門を入ってすぐ右手の建物“ガスタービンビジネスセンター”のエントランス前植え込みの中に平板状の石碑が建っている。

ジェットエンジンは、外部から取り込んだ空気を圧縮して燃料を燃焼する事によりジェット噴流を生じさせてその反作用を利用するエンジンで,主に航空機に使用される。ジェットエンジンを搭載した航空機は、ルーマニア(1910年),ドイツ(1939年),アメリカ(1943年)で それぞれ開発されたが,性能が劣っていたため実用にはならなかった。

最初に実用されたジェット機は,ドイツの戦闘機“メッサーシュミットMe262”で,昭和19年(1944)に試験飛行中にイギリスの“デ・ハビランド モスキート”と交戦した。しかし既にドイツ軍が劣勢になっており,機体もロケット弾も数が不十分でそのまま敗戦を迎えた。

日本では,同盟国ドイツからメッサーシュミットの技術が伝えられ,陸海軍両方で開発が進められた。日本で最初のジェット機は海軍の“橘花”で,敵艦船を攻撃する特攻機として開発され,1945年に低空飛行での初飛行に成功したが,敗戦のため実用に至らなかった。

しかし この“橘花”以前に開発され,試験飛行が行われたジェットエンジンが存在する。川崎重工が開発した“ネ−0”の名前で呼ばれたもので,昭和18年(1943)に双発軽爆撃機“キ−48Ⅱ型”の胴体下に吊り下げて試験飛行が行われた。このエンジンは圧縮機もタービンも持たない“ラムジェット”であり,レシプロエンジン機の緊急増速用補助エンジンとして用いられた。“ネ−0”は,陸軍が昭和17年(1942)から開発していたもので,開発期間が1年と短期であったこと,耐熱材料が乏しい中の開発であったため,本格的なジェットエンジンの開発に先立って 日本独自のジェットエンジンの基礎実験のために製造されたものであった。

写真


旧URL
https://www.hamadayori.com/hass-col/tech/JetEnjine.htm

碑文

わが国ジェットエンジン発祥の地

1943年12月23日わが国で初めて飛行試験に成功した
「ネ−0」ジェットエンジンは当工場で開発された

創立100周年を記念してここに記念碑を建立する
1996年10月15日 社長 大庭浩

わが国ジェットエンジン発祥の地 碑

地図

地図

明石市川崎町 付近