日本最初の 海水浴場 発祥地

にっぽんさいしょのかいすいよくじょうはっしょうのち

「湘南発祥の地」のある鴫立庵から、東海道を東に進むと、200m先に「新島襄終焉の地」がある。ここから海岸の方向(南東)に200m入り西湘バイパスをくぐると、照ヶ崎プールがあり、その西側に「日本最初の海水浴場発祥地」と書かれた柱状の標識が建っている。

大磯(照ヶ崎)海水浴場は、初代陸軍軍医総監をつとめた松本順の尽力によって開かれた。

松本順は徳川慶喜に仕えた江戸城奥医師だった人で、日本で初めて海水浴をはじめ、海水浴の効用を説いた。明治10年過ぎに、大磯・照ヶ崎海岸が適していると強く推奨し海水浴場の開設が実現した。

「海水浴場発祥地」碑の横には、松本順の業績をたたえて大きな「松本先生謝恩碑」が建てられている。題字は時の総理大臣犬養毅によって書かれた。

追記 2009.5

ここには「日本最初の海水浴場発祥地」という柱状の標識しかないと思っていたが、U.O さんが送ってくれた資料で「発祥の地」と書かれた石碑があることがわかった。

この石碑は昭和59年に建立したように書かれており、前回この地を訪れた時に発見できなかったのか、自分でも不思議に思うのだが、写真に見るように、2003年にはこの石碑がある場所は生垣に覆い隠されていて、石碑が見えなかったものと思われる。

写真

  • 日本最初の海水浴場発祥地
  • 日本最初の海水浴場発祥地
  • 日本最初の海水浴場発祥地
  • 日本最初の海水浴場発祥地
  • 日本最初の海水浴場発祥地 松本先生謝恩碑
  • 日本最初の海水浴場発祥地 国道1号沿いの案内石碑
  • 日本最初の海水浴場発祥地 駅からいくつか設置されている
  • 発祥碑の位置を示す棒杭表示

碑文

日本最初の海水浴場発祥地

海水浴場発祥地

 明治十八年 天与の自然に 恵まれた大磯照ヶ﨑海岸に 日本で最初の海水浴場を 開いた軍医総監松本順先生 は国民の健康増進と体力の 向上をはかるため 海水浴が 良いと説き その頃の有名な 歌舞伎役者を大勢連れて来て 祷龍館に泊まらせ 海水浴を させて大磯町の名を日本中に 広めました

昭和五十九年六月二十四日

    親しまれて 百年
      逢いに来て
        大磯の 夏

地図

地図

大磯町 付近 [ストリートビュー]