国府小学校 発祥之地

こくふしょうがっこうはっしょうのち

東海道線二宮駅の北東約3km。小田原厚木道路の二宮I.C.の300mほど東に、東昌寺という曹洞宗の寺がある。この境内、本堂の前方に建つ2m程の高さの石碑が発祥碑。

国府小学校は、明治6年(1873)にここ東昌寺に開設された「思文館」に始まる。
明治11年(1878)に現在地(大磯町月京=東昌寺の南1km)に移転。
その後「生沢学校」「国府村国民学校」などの名称を経て、
昭和22年(1947)「国府村立国府小学校」
昭和27年(1952)町制施行により「国府町立国府小学校」。
昭和29年(1954)大磯町との合併により「大磯町立国府小学校」となり、現在に至る。

【リンク】大磯町立国府小学校

写真

  • 国府小学校発祥之地
  • 国府小学校発祥之地
  • 国府小学校発祥之地 碑陰

碑文

国府小学校発祥之地

開校百周年紀年

昭和48年11月17日

地図

地図

大磯町 付近