上川淵小学校 発祥の地

かみかわふちしょうがっこうはっしょうのち

両毛線 前橋大島駅から南西に2.3km。現在の上川淵小学校から150m北に天台宗西光寺()がある。寺の山門の内側に「上川淵小学校発祥の地」と刻まれた やや古びた石碑が建っている。

1874(明治7)年,当時の熊谷県上佐鳥村・下佐鳥村・朝倉村・宮地村の4村が合同で,ここ西光寺本堂を仮校舎として「春日学校」を開校した。児童数は40名であった。これが上川淵小学校の起源である。

その後「上川淵尋常小学校」と改称し,1903(明治36)年に 現在地 前橋市朝倉町に校舎を新築して移転。さらに「上川淵国民学校」の名称を経て,1947(昭和22)年に「上川淵小学校」となった。1954(昭和29)年には上川淵村・下川淵村などが前橋市に編入され, 校名も「前橋市立上川淵小学校」となって現在に至っている。

写真

  • 西光寺 山門
  • 上川淵小学校発祥の地

碑文

上川淵小学校発祥の地

明治七年一月 西光寺本堂にて開校し
第一大学区第十七番中学区第卅一番小学
群馬縣管内上野國東群馬郡佐鳥邨
春日學校と称す

昭和五十七年秋吉日

寄贈 村田靏司 建立

地図

地図

前橋市上佐鳥町 付近