喜多見小学校 発祥之地

きたみしょうがっこうはっしょうのち

小田急線北見 喜多見駅の南東 600m。氷川神社の東参道入口から 北に50mほど入った所に, 喜多見中部町会集会所がある。 ここに “世田谷区 名木100選”にも選ばれている イチョウの大木があって, 木の下に「喜多見小学校発祥之地」「祷善寺跡」と刻まれた石碑が建っている。

明治6年(1873)ごろ, この地に「喜多見学校」という寺子屋ができた。一説によると 近くの知行院に開校したとも言われるが, いずれにしろ 創立前後に あちこちの寺を 転々と移動したという。資料が見つからないため詳細は不明だが, その後 紆余曲折を経て, 現在の「世田谷区立砧小学校」に 引き継がれている。

ちなみに 喜多見3丁目にある現在の「喜多見小学校」は, たまたま この発祥碑と同名ではあるが, 昭和47年(1972)に 砧小学校から分離独立した新設校であって, 間接的には発祥地であるものの、直接の関係はない。

なお, 碑に書かれている「祷善寺」は, かつて氷川神社の別当寺であったが, 明治に入って 神仏分離により廃寺となった。本尊の薬師如来像は 現在 近くの知行院に安置されているという。

写真

  • 喜多見小学校発祥之地
  • 喜多見小学校発祥之地 側面
  • 喜多見小学校発祥之地
  • 名木百選
  • 喜多見小学校発祥之地
  • 喜多見小学校発祥之地

碑文

喜多見小学校 発祥之地

祷善寺跡

地図

地図

世田谷区喜多見4丁目 付近 [ストリートビュー]