航空 発祥の地

こうくうはっしょうのち

西武新宿線 航空公園駅(SS23)。駅前に「所沢航空記念公園」があるために この駅名がついた。
この公園にある「航空発祥記念館」のパンフレットには、公園の歴史について 次のように書かれている。

明治44年(1911年)4月1日、所沢に幅50メートル、長さ400メートルの滑走路と、格納庫、気象観測所を備えた、日本初の飛行場が誕生しました。
そしてその4日後、徳川好敏大尉の操縦するアンリ・ファルマン機が 初の飛行に成功。
この歴史的な経緯により「日本の航空発祥の地」と位置づけられた所沢は……

発祥の地碑は、記念館の前面に広がる 芝生広場の一画に展示された カーチスC-46輸送機のすぐ前に建っている。茶色い自然石で作られた石碑の表面には「航空発祥の地」と書かれ、裏面に記された碑文には「航空発祥の碑」と書かれている。

航空発祥の地

そのほかにも「航空発祥」と記されたものがあちらこちらにある。

写真

  • 航空公園駅
  • 航空発祥記念館
  • 航空発祥の地
  • 航空発祥の地 正面
  • 航空発祥の地 碑文
  • 航空発祥の地 背面
  • 「あっ、飛行機がとんだ!」解説
  • 「あっ、飛行機がとんだ!」モニュメント
  • 航空発祥の地 文化の薫る ところざわ

碑文

航空発祥の碑

この地は明治44年我が国で初めて飛行場が開設され 同年4月5日早朝徳川大尉操縦のアンリ・ファルマン機が初飛行に成功しました
それ以来, 我が国航空界の発達に貢献した由緒ある「航空発祥の地」であります

平成12年4月5日 所沢市
所沢航空史料調査収集する会

「あっ、飛行機がとんだ!」

この地点はわが国最初の公式飛行場「所沢飛行場」の滑走路にあたります。この滑走路で1911年(明治44年)4月5日早朝、徳川好敏大尉操縦のアンリ・ファルマン機が初飛行を行いました。この飛行は公式飛行場における日本最初の快挙であり、以来所沢は「日本の航空発祥之地」といわれています。

このモニュメントは、その偉業を成し遂げた滑走路を永遠にたたえる意味で作成されました。

1994年5月
創立5周年記念

所沢東ロータリークラブ

地図

地図

所沢市並木 航空記念公園 付近 [ストリートビュー]