わが国保健所発祥之地

ほけんじょはっしょうのち

西武鉄道 所沢駅前。ロータリーの近くの武蔵野銀行所沢駅前支店の前の歩道上に, 「わが国保健所発祥之地 農村保健館跡」と書かれた金属製の碑が建っている。

日本の保健所は、ロックフェラー財団の支援により1937(昭和12)年に 東京 京橋に建てられた「都市保健館」と、当地に建てられた「農村保健館」に始まった。「農村保健館」は 3年後の1940年に「所沢保健所」と改称し, 1964(昭和39)に けやき台2丁目に移転している。2009(平成21年)には狭山保健所と統合されて閉館、2016(平成28)年に取り壊された。

発祥碑とは別に, 所沢駅の北東100mの“長者久保公園”内には 「農村保健館跡」という大きな石碑が建っている。

写真

  • 農村保健館跡(長者久保公園)
  • 農村保健館跡(長者久保公園)
  • 農村保健館跡(長者久保公園)
  • わが国保健所発祥之地-農村保健館跡
  • わが国保健所発祥之地(2018)
  • わが国保健所発祥之地(2018)

碑文

わが国保健所発祥之地

農村保健館跡

平成14年3月1日

埼玉県所沢保健所

地図

地図

所沢市くすのき台1 付近 [ストリートビュー]