南部発祥の地

なんぶはっしょうのち

情報求
調査:
どなたか見てきてください!

2003年に移転した南部中学校跡地には、平良ヶ崎へらがさき城であった説明板が建てられている。

参考 城郭放浪記予備.zip

写真


碑文

平良ヶ崎城について

平良ヶ崎城は、南部藩祖南部三郎光行公により糠部ヌカノベ経営の本拠として建久三年(一一九二年)に築かれた城で、南部発祥の地である。
光行公が文治五年(一一八九年)源頼朝公の平泉藤原泰衡追討の軍に従い その戦功によって糠部郡ヌカノベノコオリを賜わり、建久二年(一一九一年)暮、鎌倉より八戸浦を経て入国し、翌三年に この地に(現在の南部中学校)築城工事を行った。
この地は、街道の分岐点を(抑)える要点で、高山峠に続く尾根を掘り割って城地としたものである。
正寿寺館、馬場館、大向館などが近くにあり三戸城を加えて三戸五城と呼ばれ、うち正寿寺館居館であり、平良ヶ崎城は政庁であった。

昭和四十五年六月

南部町教育委員会

学校の位置

  • 北緯四〇度二四分四八秒
  • 東経一四一度一六分一一秒
  • 海抜三八米

南部中学校は2003年(平成15年)に新校舎を建築して北東約300mほどの場所に移転した

地図

地図

三戸郡南部町沖田面字古舘 付近