練馬 区役所 発祥の地

ねりまくやくしょはっしょうのち

地下鉄・有楽町線/副都心線の氷川台駅から、正久保通りを南に約800m進むと、西側に練馬区立開進第三小学校がある。学校の北東隅付近に道路に面して、黒い立方体のような石碑が建っていて「練馬区独立記念碑・練馬区役所発祥の地」と刻まれている。碑の上部には日時計らしいモニュメントが載っていて、その横には碑の由来が書かれた説明板がある。

練馬区は、東京23区の中で最も新しくできた区である。

東京に“区”が制定されたのは1878(明治11)年のことで、都心部に15区が定められ、この範囲が“東京市”、区部の外側は“東京府”となった。この時は、現在の千代田・中央・文京・台東および新宿区などの一部が含まれていて、麹町区・麻布区・神田区・日本橋区など現在よりも細かく区分された。1932(昭和7)年になり、周辺町村が編入されて新たに20区が定められて35区となり、その範囲は現在の23区とほぼ一致する。1943(昭和18)年になると、東京市および東京府は統合されて“東京都”となった。

戦後、1947(昭和22)年5月に35区は再編されて22区となったが、面積が広く人口が急増しつつあった板橋区は2分割されることとなり、8月に“練馬区”が誕生した。これによって現在の東京23区の形が整った。

新しく発足した練馬区はこの地に臨時の区役所を設け、2年後の1949(昭和24)年に現在地(練馬区豊玉北6丁目=ここから南西に約2Km)に新しい区役所を新設して移転した。

写真

  • 練馬区役所発祥の地
  • 練馬区役所発祥の地
  • 練馬区役所発祥の地
  • 開進第三小学校校門跡と思しき碑と並んで建つ

地図

地図

練馬区立開進第三小学校 付近 [ストリートビュー]