国府津小学校 発祥の地

こうづしょうがっこうはっしょうのち

東海道線 小田原駅 の西, 600m。 国道1号(東海道)を西に進み, さがみ信金の少し手前の 八百屋の角を北に少し入ると, 民家の前に 50cmほどの 小型の石碑が立っている。道は行き止まりで, 他人の庭に無断で入り込んだような気分になる。

国府津小学校のホームページによると, 明治6年(1873)に学制が発布されたので, この付近の3村が合同で 前川村に「小学崇広館」を開校した。 その後 「前川小学校」と改称され, 国府津村光明寺には 国府津分校を設けた。明治19年(1886), 国府津分校は 前川小学校より分離独立して「国府津小学校」となる。その後 「尋常国府津小学校」「尋常高等国府津小学校」「国府津尋常高等小学校」などの 名称を経て, 校地も 複数回移転の後 大正13年(1923)に 現在地(小田原市国府津)に移転。昭和29年(1954) 国府津村は小田原市と合併したため「小田原市立国府津小学校」となった。

石碑に「元光明寺」と書かれているように, この地には 昔 光明寺という寺があり, この本堂を借りて (分校時代を含めて)11年間にわたって, 国府津小学校が 置かれていた。小学校は明治25年(1892)に 他に移転し, 光明寺も 明治42年(1909)に 東海道線の北側に 移転。跡地の多くは 裏を走る東海道線の用地として収用された。

写真

  • 国府津小学校発祥の地 碑陰
  • 国府津小学校発祥の地
  • 国府津小学校発祥の地

碑文

国府津小学校発祥の地 元光明寺

明治十九年二月より明治二十五年五月まで
昭和六十一年二月一日建之  開校百年記念実行委員会

地図

地図

国府津4丁目 付近