民宿 発祥の地 細野(八方)

みんしゅくはっしょうのちほその

情報求
調査:
情報による存在確認のみ

史跡等の近くに、それらを説明する案内板が立っており、その半分を使って白馬村の歴史を紹介している。八方薬師堂前の江戸彼岸桜を説明する案内板の半分には、民宿発祥の地であったことの説明が添えられている。

写真


碑文

〈白馬村のあゆみ〉

民宿発祥の地 細野(八方)

明治初期の白馬岳の登山者のほとんどが、細野(八方)地区からポッカを兼ねた山案内人を頼んでいました。

登山の行き帰りに場所的にも良く、食料の調達にも便利な細野の山案内人の家は、利用者も増え、やがて客を泊めるようになりました。これが全国に広まった民宿の始まりです。

地図

地図

白馬村 付近 [ストリートビュー]