根岸小学校 発祥之地

ねぎししょうがっこうはっしょうのち

山手線 鶯谷駅の北500mのあたりに いくつかの寺が集まった一画があり, その一番北に西蔵院という真言宗の寺がある。ここの門前に 発祥碑が建つ。

学制発布の2年後の1874年(明治7年), 当時この辺りは北豊島郡金杉村という地名だった。 この寺の庫裏に 「根岸学校」が開設された。その後「根岸尋常小学校」などの校名を経て「台東区立根岸小学校」となった。

現在の校舎は 西蔵院の200m西, 尾竹橋通りに面したところにある。

写真

  • 根岸小学校発祥之地
  • 西蔵院
  • 根岸小学校発祥之地 側面 碑文
  • 根岸小学校発祥之地 側面
  • 根岸小学校発祥之地 側面

碑文

根岸小学校発祥之地

根岸小学校は明治七年二月西蔵院庫裏に第五中学区五番小学根岸学校として開校せらる。教員三名生徒六十名官給金月十円以外は悉く民費に依る

昭和六十年二月二十一日

台東区立根岸小学校第二十三代校長藤原藤治謹誌並書

地図

地図

台東区根岸3丁目 付近 [ストリートビュー]