大会発祥の地 (全国高校ラグビー大会)

たいかいはっしょうのち

阪急電鉄 宝塚線 豊中駅前のペデストリアンデッキ上に 数個のラグビーボールをかたどった記念碑が建っている。大正7年(1918), 「日本フートボール大会」が「ラグビー式」と「アッソーシエーション式(サッカー)」 の2部門に分けて 豊中グラウンドで開催された。これが 高校ラグビー大会の始まりである。

「豊中グラウンド」は 豊中駅の西600mの場所にあり, ここは『高校ラグビーの発祥の地』でもあり, また『高校野球の発祥の地』でもある。翌8年に名称を「日本フットボール大会」に, 大正15年(1926)の第9回大会から「全国中等学校大会」と改称し, 全国5地区にわけられた地区ごとに予選を行う方式になった。更に 1949(昭和24)年の 第28回大会より, 「全国高校ラグビー大会」となった。

大会の会場は 第6回から豊中グラウンドを離れ, 「宝塚運動場」「甲子園球場」「南甲子園運動場」 「西宮球技場」などと変わり, 昭和38年(1963)の 第42回大会から 現在の「花園ラグビー場」になった。

写真

  • 大会発祥の地 (全国高校ラグビー大会)
  • 大会発祥の地 (全国高校ラグビー大会)
  • 大会発祥の地 (全国高校ラグビー大会)碑陰
  • 大会発祥の地 (全国高校ラグビー大会)

碑文

全国高校ラグビー大会80回記念

 我々ラガーマンは
見せるためにラグビーをやっているものでもなければ,
自己の名声や, 地位をあげるためにやっているものでもない。
ただ, ほとばしるエネルギーと感動を,
このゲームの中に, コントロールすることに
歓喜と誇りを感じてプレーしているのである。

イングランドラグビー協会
会長 トーマス・アーサー・ゲンプ

 全国高校ラグビーは大正7年(1918) 1月12日, 「第1回アッソシエーショ ン式・ラグビー式日本フートボール優勝 大会」として, 豊中運動場で始まった。 第1回大会は4校が出場し, 優勝戦は全 同志社が京都一商を31-0で破った。
 豊中運動場は大正2年(1913), ここより西へ600Mの地に箕面有馬電気軌道 (現在の阪急電鉄)によって建設された。 第5回大会まで開催され, その後, 宅地となった。会場は宝塚運動場, 甲子園 球場, 西宮球技場などを経て, 第42回大会(昭和38年)から現在の近鉄花園ラグビー場に移ったが, 豊中で始まった大会は, 延べ2100余のチーム, 5万人以上の選手が楕円球を追い, 世紀をまたいだ2000~2001年のシーズンに第80回の節目を迎えた。ここにラグビーの一層の隆盛を願い, 大会発祥の地の豊中に記念碑を建設する。

平成14年(2002)12月26日

全国高等学校体育連盟
日本ラグビーフットボール協会
大阪府, 大阪府教育委員会
毎日新聞社
豊中市

制作 ワタナベモニュメント
彫刻家 田村務

地図

地図

豊中市本町1丁目 付近 [ストリートビュー]