高校野球 発祥の地

こうこうやきゅうはっしょうのちきねんこうえん

豊中市に1988年に「高校野球メモリアルパーク」として整備されていた住宅街の一角にある広場は、2015年に高校野球100周年、2018年には第100回を迎えるにあたり4600万円を費やして再整備、名称も「高校野球発祥の地記念公園」と改められた。2017年4月6日には記念式典も行われた。

当地は、1915年(大正4年)に10校が参加した 第1回中等学校優勝野球大会 が開催された豊中グラウンド跡地。あまりにも野球が人気で観客を収容しきれず、第3回からは西宮の鳴尾球場での開催となった。

参考:

写真


碑文

高校野球発祥の地

豊中グラウンド跡地
球史ここに始まる

地図

地図

豊中市 玉井町3丁目3−1 付近 [ストリートビュー]