軟式野球 発祥の地

なんしきやきゅうはっしょうのち

日本で最初の軟式野球大会が行われた 成徳中学校の玄関脇に,宝ヶ池公園と同様の“バットを手にした少年”の像 が立っており,下に「軟式野球発祥の地」と書かれている。成徳中学校は日本最初の軟式野球大会が開催された場所である。この大会の優勝者は京都第二中学校(現 鳥羽高校)だったという。

なお,成徳中学校は「下京第九番組小学校」として 1869(明治2)年に開校し,1920(明治9)年にこの地に移転して「成徳尋常小学校」となり,1947(昭和22)年に新学制によって中学となった学校で,2007(平成19)年に閉校となっている。

現在 建物は京都文化協会・市民大学院などの地域文化活動の拠点として利用されている。

写真

  • 軟式野球発祥の地
  • 軟式野球発祥の地
  • 栄養給食先駆けの地 他
  • 軟式野球発祥の地 背面
  • 軟式野球発祥の地 足下プレート
  • 成徳中学校 跡地

碑文

軟式野球発祥の地

軟式野球発祥の記念像(旧成徳中学校)

地図

地図

京都市下京区繁昌町 付近 [ストリートビュー]