センバツ 発祥の地

せんばつはっしょうのち

名古屋市営地下鉄 いりなか駅の東400m。マンション群に囲まれた公園には「八事やごと球場メモリアルパーク」と書かれた石碑があり、近くにネジリ棒にボールを乗っけたようなモニュメントが建っている。

「センバツ」とは毎日新聞社主催の「選抜高等学校野球大会」で、例年春休みの期間に阪神甲子園球場で行われている。通称「春の甲子園」。1924(大正13)年に第1回大会(当時は「選抜中等学校野球大会」)をここ山本球場で開催。参加は8校、優勝は高松商業だった。翌年から会場を甲子園に変更し、現在に至っている。

山本球場は1922(大正11)年に名古屋で最初の本格的野球場として完成した。戦後1947(昭和22)年に社会人野球の国鉄名古屋鉄道局の本拠地となり、「国鉄八事やごと球場」と名前が変わった。国鉄が分割民営化された後もJRの野球場として残されていたが1990年に閉鎖、取り壊された。跡地にはマンションが建設された。

センバツ発祥の碑は第1回大会当時のホームベース付近に設けられている。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/sports/Senbatu.htm

地図

地図

昭和区滝川町 付近 [ストリートビュー]