野球発祥校

やきゅうはっしょうこう

牟岐むぎ線の二軒屋駅から西へ500m。県立城南高校グラウンドのバックネット裏に「野球発祥校」と書かれた黒い石碑が建っている。

徳島県の高校野球の歴史を辿ると,城南高等学校の前身である旧徳島中学校に野球部が創設された1898(明治31)年に遡る。徳島中学校の生徒が修学旅行先で野球を見て刺激され,練習を始めたのが基になって野球部ができた。しかし最初の頃はキャッチャーがミットを着ける以外は全員素手でボールを扱うような状態だったという。やがて装備などの環境も整い,脇町・富岡など近隣の中学校にも野球部ができ,1900(明治33)年からは対抗試合ができるようになった。

この碑は 1998(平成10)年に,野球部創設100年を記念して建立された。

ちなみに,城南高校の野球部は,2011(平成23)年に 創部以来113年目にして,春の選抜野球大会で徳島県代表として甲子園球場に出場した。1回戦では兵庫・報徳学園に勝利したが,残念ながら2回戦の鹿児島実業との試合に敗れてしまった。……と書くと発祥校なのにだらしないと思いがちだが、地域で不動のトップのSSH指定進学校である。

写真

  • 野球発祥校
  • 甲子園出場記念碑

碑文

野球發祥校

明治三十一年
わが校に野球部が
創られた
徳島縣における
野球の始まりである

創部時の野球部歌

春は花映ゆ朝ぼらけ
ノックの響き雲破り
秋は月照る夕まぐれ
ボールの光我にあり
炎熱冱寒惨憺の
苦心を積みし
歳月や

徳島中学校
第一高等学校
城南高等学校

野球部
創部百周年記念碑

平成十年四月

野球部後援会長
布川隆美 書

リンク

徳島県立城南高等学校

地図

地図

徳島市城南町2丁目 付近 [ストリートビュー]