鯨部隊発祥之地

くじらぶたいはっしょうのち

JR徳島線 蔵本駅から南西に約700m。蔵本公園はテニスコートや野球場等を備えた総合運動公園だが、北東側は広場として解放されている。北側の国道192号線に沿ったエリアには多数の石碑が並んでいて、そのうちのひとつに鯨部隊発祥之地碑がある。道路側がオモテを向くようなレイアウトになっていて、公園外から眺めるにちょうどよい。

徳島市蔵本町に徳島練兵場が置かれた場所は、敗戦後に徳島市に払い下げられ、昭和27(1952)年7月に蔵本運動公園として供用されている(西側は中学校に、東側は大学敷地になった)。練兵場としての痕跡は何も残っていないものの、連隊関連の碑が多数建てられた。鯨部隊発祥之地碑は、昭和51年4月に歩兵第二三五聯隊戦友会により建立。

1939年(昭和14年)6月、第40師団が編成されることになり、8月には徳島43連隊留守隊の2個大隊と丸亀12連隊留守隊1個大隊で歩兵第235連隊が誕生した。

鯨とは、「師団」の通称だった。

写真


地図

地図

徳島市庄町1丁目 付近 [ストリートビュー]