近代 ボウリング 発祥の地

きんだいぼうりんぐはっしょうのち

名古屋市営地下鉄・伏見駅の前,伏見通に面して「御園座会館」がある。 正面入口を入った館内右側の壁面,地上70~80cmのところに 金色のパネルが埋め込まれている。

御園座は, 1896(明治29)年に名古屋劇場(株)により新設された。
1945(昭和20)年 空襲により劇場全焼。
1947(昭和22)年 再建。社名を「御園座(株)」に変更。
1961(昭和36)年 火災により劇場焼失
1963(昭和38)年 再建し, 地階に 中部地方初のボウリング場を開設。翌年には ビリヤード場を開設したが, 1974(昭和49)年に閉鎖。
1995(平成7)年に 創立100周年を迎えた。

近代ボウリング発祥の地碑御園座会館

追記 2016/02

建物は解体されて建替となるようです。プレートがどうなるのかは未調査。(リンク:御園座建て替え工事見物

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/sports/KindaiBowling.htm

碑文

近代ボウリング発祥の地

みそのボウリングセンターは,東海地区で初めてのオートマチック
ピンセッター(BW社A-1型)を装備して、この御園座会館地下2階に
1963年(昭和38年)9月1日に開場しました。

1974年まで数多くの人々がボウリングを楽しみ,ボウリング王国・
東海の礎となりました。

            1994年11月6日
         設立30周年記念
       東海ボウリング場協会

地図

地図

名古屋市中区栄 御園座 付近 [ストリートビュー]