中部地方 電気事業 発祥の地

ちゅうぶちほうでんきじぎょうはっしょうのち

名古屋市営地下鉄 伏見駅から 東に150m。 広小路通りに面して「電気文化会館・でんきの科学館」があり、そのエントランス左手の 公開空地の東側壁面に「中部地方電気事業発祥の地」の パネルが埋め込まれている。

この地は 1889(明治22)年に 名古屋電灯株式会社(中部電力株式会社の前身)が 「電灯中央局」と呼ばれた 小規模な石炭火力発電所を置き、一般家庭に初めて電気を送った所。これが中部地方における電力供給の発祥とされる。

写真

  • 中部地方電気事業発祥の地
  • 中部地方電気事業発祥の地

碑文

中部地方電気事業発祥の地

この場所は中部電力株式会社の前身である名古屋電燈会社の 石炭火力発電所(発電機ドイツ製,出力25KW×4台)があった 所です。明治22年(西暦1889年)12月15日,この発電所でおこ された電気が初めて名古屋市内に送られました。当時の電燈の 数は約400燈,電柱数は391本,配電線路の延長は3里24町余(約15,000m)でした。
 電気文化会館を建設するにあたり,これを記念してこの碑を 設置いたします。

昭和61年7月

中部電力株式会社
取締役会長  田中精一

地図

地図

中区栄2丁目 付近 [ストリートビュー]