中部地方 電気事業 発祥の地

ちゅうぶちほうでんきじぎょうはっしょうのち

名古屋市営地下鉄の伏見駅から 東に150m。 広小路通りに面して「電気文化会館・でんきの科学館」があり、そのエントランス左手の 公開空地の東側壁面に「中部地方電気事業発祥の地」の パネルが埋め込まれている。

この地は 1889(明治22)年に 名古屋電灯株式会社(中部電力株式会社の前身)が 「電灯中央局」と呼ばれた 小規模な石炭火力発電所を置き、一般家庭に初めて電気を送った所。これが中部地方における電力供給の発祥とされる。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/ele_gas/ChubuDenki.htm

地図

地図

中区栄2丁目 付近 [ストリートビュー]