蕉風発祥の地

しょうふうはっしょうのち

名古屋市営地下鉄 栄駅のすぐ近くにあるテレビ塔の北東の足から20mぐらい離れたところに、リクライニングチェアを連想させる不思議な形の石碑本体と、その横の地上には副碑と教育委員会による説明パネルが建っている。

「蕉風」とは、松尾芭蕉とその門人によって確立された俳句の作風。俳諧は連歌から生まれ、当初は“洒落”や“滑稽”を主とする言葉遊びであったが、松尾芭蕉は“さび”を重んじ閑寂で気品高い芸術を目ざした。

芭蕉は伊賀上野に生まれ、1684(貞享元)年に伊賀上野から江戸に下る途中名古屋に立ち寄り、名古屋の青年俳人らと連句の会を催して句集「冬の日」(芭蕉七部集の1)を刊行した。その場所がここ「宮町筋久屋町西入ル南側」である。弟子の河合曾良を伴って「奥の細道」の旅に出たのは、この5年後の1689年のことである。

発祥碑は俳諧師が持つ「控え帳」をデザインしたもので、「こがらしの身は竹斎に似たる哉」を筆頭にした「冬の日」巻頭の表六句が刻まれている。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/art0/Shofu.htm

地図

地図

中区錦3丁目 付近