名古屋絞 発祥の地

なごやしぼりはっしょうのち

名古屋市営地下鉄 伏見駅の北西 200m。伏見通りの西側, 御園通りに面する カネヨビルの敷地に向かって左手の 隣のビルとの境界近くに, 教育委員会の建てた碑(説明板)が建っている。

「絞り」とは 布を糸でくくったり縫ったりして シワをつけて“染まらない場所”をつくる(防染)ことに よって模様を染め上げる染色の技法。 日本では, 絹地に精細な模様を染め出す「京絞り(京鹿の子)」や, 麻や木綿に 藍を用いる「藍染め」がある。藍染めの技法を伝える「名古屋絞り」は , 江戸時代初期に 名古屋城築城の際に 九州豊後の人々によって伝えられたと言われ, 尾張藩の保護のもとで発展し, 「有松・鳴海絞」として珍重された。その後も 上品で多様な技法が開発され, 名古屋市・岡崎市・半田市・刈谷市・知多半島などで 現在に引き継がれている。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/tech/NagoyaSibori.htm

碑文

伊藤玄沢施療所跡
名古屋絞発祥の地

 医師伊藤玄沢は、美濃の生まれ で、享保九年(1724)名古屋に 来て医を学び、この地に開業した。 宝暦五年(1755)八代尾張藩主 宗勝より薬種料を賜り、ここで広 く貧困者に施療を行った。
 また、施療所がなくなった後、 有松絞の技術を習得した木綿商の 服部与衛門が慶応二年(1866) ごろ、この地で名古屋絞の 工場を開いた。当初、専業者はわ ずかであったが、明治三十四年 (1901)名古屋国産絞同業組合を結 成するなど発展の方策を講じた。

名古屋市教育委員会

名古屋絞発祥の地碑

地図

地図

名古屋市中区錦1丁目 付近 [ストリートビュー]