栃木県議会 発祥の地

とちぎけんぎかいはっしょうのち

JR両毛線と東武日光線の栃木駅から 北へ約1km。栃木市役所の東隣りに 別館が建っていて, その前に 大きな自然石の発祥碑がある。

廃藩置県のあと 1871(明治4)年に, 下野国は 栃木県と宇都宮県の2つに分かれ, その2年後には 両県が合併して 栃木県となった。 この地は 栃木県庁が置かれ, 政治・経済・文化の中心として栄えたが, その後 1884(明治17)年に 県庁は宇都宮市に移された。栃木市は 埼玉県の川越市・千葉県の佐原市とともに「小江戸」と呼ばれ, 古い街並みが見られる。

現在市役所別館となっているこの建物は, 1921(大正10)年に 県庁跡に 栃木町役場として 建てられたもので, 時計塔と玄関ポーチなど大正時代の洋館の特徴が見られる 美しい建物である。国の有形文化財に登録されている。

写真

  • 栃木市役所別館
  • 栃木県議会発祥の地
  • 栃木県議会発祥の地(背面)
  • 栃木市役所別館(県庁堀)

碑文

栃木県議会発祥の地

 明治十二年四月十四日、都賀郡薗部村(現栃木市)の栃木県庁敷地内遥拝所を仮議場として 栃木県最初の県議会が開かれた。 前年の府県会規則にもとづき、同十二年四月第一回の県会議員選挙が行われ、 三十六名の議員が選出された。県会は安生順四郎氏を議長とし、 百般草創、議事万端にわたる議事を進め五十日間で閉会した。 まさに本県における近代的代議制度の黎明を告げるものであった。

 本年は、この歴史的県会が開かれてより満百年を迎えることになる。 この時に当り、栃木県議会は先人たちの一世紀にわたる政治的偉業をしのび、 さらに議会制民主主義の一層の発展を誓い、 由緒あるこの地に記念碑を建ててこれを後生に伝えるものである。

昭和五十四年十一月一日

栃木県議会建立

大町雅美撰
七海水明書

地図

地図

栃木市入舟町 付近 [ストリートビュー]