栃農 発祥之地

とちのうはっしょうのち

JR両毛線・東武日光線 栃木駅から東に1.3km。栃木市の南東部に 天台宗の寺, 円通寺がある。 寺の本堂横に「栃農発祥之地」と刻まれた 黒御影石の石碑が建っている。

「栃農」とは 現在の“栃木県立栃木農業高等学校”の略称。 栃木県に2校ある“農業高校”の一つで, 栃木県には他に 農業科のある高校は5校ある。

設立以来の詳しい沿革は不明だが, 栃木農業高校のホームページによると, およそ以下の通り。

  • 1907(明治40)年 円通寺を校舎として創立。「栃木県下都賀郡立栃木農学校」。
  • 1923(大正12)年 栃木県立に移行し「栃木県立栃木農学校」と改称。
  • 1948(昭和48)年 学制改革により高等学校となり「栃木県立栃木農業高等学校」と改称。

写真


旧URL
http://hamadayori.com/hass-col/school/Totino.htm

碑文

栃農発祥之地

建立の趣旨

 明治四十年四月三十日 下都賀郡立栃木農学校として
名刹円通寺に開校
 以来「質実剛健 進取自治」の校訓に則り 平和と
豊かな郷土を土の文化とともに創造し幾多の人材を輩出
した ここに九十年の歴史を重ねたことを記念して建立

平成九年十一月  吉日

栃木県立栃木農業高等学校
創立九十周年記念事業実行委員会

地図

地図

栃木市城内町2丁目 付近