佐伯豊南高校 発祥之地

さいきほうなんこうとうがっこうはっしょうのち

情報求
調査:
どなたか見てきてください!

佐伯市役所(佐伯市中村南町1-1)敷地内の東隅にある別棟のような小さな建物の脇に、獅子の面のようなモニュメントと佐伯高等女学校跡碑に並んで、比較すると控えめという雰囲気の石標が立っている。

当校は、昭和23年(1948) 4月1日に、学制改革により「大分県立佐伯第二高等学校」として商業科・家庭科・農業科が当地 大分県立佐伯高等女学校跡地に開校した。昭和26年(1951) に「大分県立佐伯豊南高等学校」と改称。

昭和36年(1961) 3月に定時制栂牟礼分校を廃止、4月には農業科が分離、大分県立佐伯農業高等学校(後の大分県立佐伯鶴岡高等学校)として独立、定時制宇目分校を佐伯農業高等学校に移管。昭和40年(1965) 4月 蒲江分校が分離、大分県立蒲江高等学校として独立。

平成28年(2016) 3月、佐伯鶴岡高校と併合し、閉校。新たに佐伯豊南高校が佐伯鶴岡高校の場所に開校した。

なお、佐伯豊南高校はどのタイミングで転出したかわからないが、市役所庁舎は当地にて建て替えられて平成26年(2014) に竣工した。

写真


碑文

大分県立佐伯豊南高等学校発祥之地

地図

地図

佐伯市中村南町 付近 [ストリートビュー]